女性器形成や小陰唇縮小なら… 認定専門医の横浜中央クリニック

女性器の形・大きさも千差万別
女性器形成・小陰唇縮小 TOP > 診療内容 > 小陰唇縮小・小陰唇の黒ずみ

小陰唇縮小

女性器のお悩みの中で最も多いご相談が「小陰唇」に関すること。小陰唇の大きさ・形・色など余分な組織を切除する手術です。

料金案内

小陰唇の左右の大きさが違う
足を閉じていても小陰唇がはみ出る
小陰唇の黒ずみを消したい
座ったりパンツなどで圧迫されると痛い
加齢によって小陰唇が大きくなった
小陰唇が擦れて痛い

小陰唇縮小の治療は、大きすぎる部分、左右差が生じている部分、形がいびつな部分、色が黒ずんでいる部分などお悩みの部分を切除し、傷口を糸で縫合します。手術は局所麻酔で行うため痛みを伴うことはありません。患者様のご希望があれば手術中に大きさや形を確認することもできます。溶ける糸を使用することも可能ですので、通院できない遠方の方でも安心して受けていただくことができます。

料金案内

手術後はいつから仕事ができますか?
翌日からお仕事は可能です。
小陰唇縮小の手術は痛みが少なく、また念のため痛み止めのお薬もお渡しします。
手術後にトイレで気を付けることはありますか?
毎日シャワーで清潔にしていただければ特に注意することはありませんが、可能であればウォシュレットを使用してください。
手術後も出産はできますか?
出産の影響については全くありません。ご安心ください。
切除部分がギザギザになったりということはありませんか?
もちろん、丁寧にキレイに縫合しなければギザギザになってしまいます。形成外科学科認定専門医の資格を持つ医師が担当しますのでご安心ください。
擦れて黒ずんだ色もキレイにできますか?
手術によって黒ずみ部分を切除する方法が最も効果的です。手術に抵抗がある方には、漂白効果のある塗り薬をおすすめします。ただし、黒ずみが薄くなる程度で完全にキレイになることはありません。
未成年の方へ